沖縄の新卒生の就活応援 沖縄の新卒求人発信! ルーキーナビ新卒就活

人事担当者からのメッセージ
前田産業ホテルズ(株式会社 前田産業)
小野 潤一さん

> プロフィール

会社名前田産業ホテルズ(株式会社 前田産業)
部署・役職総務人事課 主任
入社歴2ヶ月
名前小野 潤一
出身校琉球大学 農学部
入社~現状までの職歴等2006年新卒採用として県内他ホテルに入社。ベルサービス・フロント・団体コーディネート・人事を経験後、現職に転職。現在に至る。
<人事担当者からのメッセージ>前田産業ホテルズ(株式会社 前田産業) 小野 潤一さん

1. 御社の業界について詳しく教えてください。

ホテルは「サービス業」として一般的にはとらえられますが、土地と建物がないと始まらない事業であるため、「不動産にサービスという付加価値をつけて一日単位で空間を販売している」事業でもあります。そのため、不動産を所有する「オーナー会社」、経営を管理する「経営会社」、そして、ホテルの運営を行う「運営会社」の3社が絡みつつ経営・運営がされています。この3つの会社の関係性から、運営形態も大きく3つに分けられるため、自分が将来やりたいことによって就職するホテルや企業が変わる、就職活動の中でも非常に重要な点になります。

当社は自社ブランドで営業(ホテル運営)している「所有・直営方式」をとっている、沖縄では数少ない企業ブランドの一つです。その他、大手チェーンに依頼し営業してもらう「マネジメントコントラクト方式」や、大手チェーンの看板を借りて営業する「フランチャイズ方式」があり、ブランド力が高く洗練されているなどのメリットを採用し、県内外でも多くのホテルで取り入れられています。その点、当社も含めて所有直営方式をとっているホテルは、地元企業であるため独自性が色濃く、地域に根差した経営を行うことが出来るため、地元貢献といったビジネスの目的がはっきりとしています。また、長期的な視野・展望をもってグループ内ホテルでの異動も可能となるため、枠にとらわれない仕事が可能となり、自身の将来を自身の手でマネジメントすることも可能です。

どのホテルがどのような経営方式をとっているのか、就職活動をするにあたって自分の将来像ややりたいことをもとに、自分に合ったホテル探しをして欲しいですね。


2. 御社はどんな会社ですか? また御社の魅力を教えてください。

前田産業ホテルズは「第二の我が家として選ばれるNo.1ホテルになる」というビジョンを掲げ、「"ちむぐくる"でおもてなし」をキャッチフレーズにスタッフ皆で最高級ではなく、"ぬくもり"をもって最も愛されるホテルを目指しています。そのため、スタッフ自身も第二の我が家と感じられる社風も魅力の一つで、風通しも良く、心の底から相手を思う強く温かい気持ちをもとに行動することで、お客様からだけでなく、一緒に働くスタッフからも「ありがとう」の言葉をもらう機会が多々あります。当たり前のようですが毎日仕事をする上でとても重要なコミュニケーションの一つで、この一言が仕事へのモチベーションを高め、更なるお客様へのサービスへと繋がっています。


3. 新卒を採用するメリットや目的を教えてください。

どの企業にも所属したことがない新入社員の皆さんは特定の色に染まっていないため、自社の企業文化に根差した人財として成長してもらうことで、大切にしている企業文化の継承が可能となります。当社では、地元貢献というビジネスの目的がはっきりしているだけではなく、「ちむぐくるでおもてなし」という理念を色濃く経営に反映させているため、こうした環境下のもとで人財として成長した新卒スタッフが会社の中核となり、活躍しています。

また、「同期」という横の繋がりを持つ新卒は、縦割りの組織に横糸を通すように、部門間の連携などで重要な役割を果たす可能性があり、組織の活性化・強化にも繋がっています。新卒はこれからの企業発展には欠かせない存在であり、更にはこの仕事の楽しさや素晴らしさを自ら感じ取り、次世代に伝えていく沖縄観光産業の担い手としてホテル業の魅力発信に寄与できればと考えています。


4. 御社が必要とする人物像はありますか?
  また、採用したくなる学生の傾向について教えてください。

当社の経営理念・価値観に共感し、何事にもチャレンジ精神を持って行動することで仲間と共に成長していける人材です。常に前進し続け、新しく豊かな価値を創造することで地域社会や沖縄経済へ貢献し、更にはここで働くスタッフ自身も皆が幸せになれる、そんな環境を一緒に創っていきたい方に是非入社して頂きたいです。素直で明るく何事にも感謝の心を忘れない、前向きで周囲の人を自然とハッピーにするような人間味溢れる学生に出逢うと、ワクワクしますね。今年もこの「ワクワク」を感じる瞬間を、皆さんとの出逢いと共に楽しみにしています!


5. 同業他社との差別化はどのように図っていますか?

単純な利益主義ではなく、ちむぐくるをもって"ぬくもり"を感じられるホテルを目指している点が他社との大きな違いです。ホテルを通じて、地域の皆さんを幸せにすることも当社の核となる存在意義の一つ。沖縄県内で数少ない沖縄資本のホテルのため土着性が強く、地域連携をもって存在意義を示し、地元に頼られるホテルとなることで他ホテルとの差別化を図っています。地元の漁協や酒造所を巡る宿泊プランを造成する等、地元ならではのプログラムを提案する着地型観光にも力を入れ、地域と触れ合って頂くことでリピーターにも感動を与え、沖縄観光の価値を高めることに積極的に取り組んでいます。


6. これからの御社の事業展開や展望について教えてください。

インバウンドゲストが増え、国籍や宗教、旅行目的などダイバーシティが求められる背景のなかで、地元企業としての責任と使命感をもって、地域を巻き込んだ地域の魅力づくりを行い、それにより地元を巻き込んだ商品展開で、地域に根差し信頼されるリーディングカンパニーとして確立していきたいと考えています。また、2018年秋にはホテルマハイナ横にある「やんばる海の駅」をリニューアルオープン予定です。ホテル棟や商業エリア・多目的ホールの新設も予定し、新しい価値の創造と新たな沖縄の魅力発信を今後も続けていきます。


7. 小野さんが仕事で心掛けていることや、大事にしていることは何ですか?

●想像し、先を読むこと
相手になりきって物事を捉えることで相手が欲しているものにいち早く気付き、スピーディーに提供できるよう努めています。相手の考えや意見を素直に受け止めることができるのは勿論のこと、自分には足りていなかった考えや視点など、自身の成長に役立てられる機会にもなり得ます。想像し、先読み行動することで相手との信頼関係を築き、「小野さんに相談してみよう」と思ってもらえるような存在になれればと思います。

●状況を俯瞰すること
自身の目線だけではなく、全体を俯瞰することで物事の本質に気付かされる事が多々あります。「なぜ」「何のために」この仕事をするのかを明確にし、理解することでクオリティを高め、周囲の状況を把握し「どのように」すれば最善なのかを、しっかり見極めるために、一度必ず立ち止まって考えるよう心掛けています。

●遊び心を忘れないこと
日々の業務を「仕事」と考えればつまらないものになりがちですが、逆に遊び心をもって「愉しむもの」と考えれば世界が変わります。例えば、仕事の期限を「いつまでにクリアする」とゲーム感覚で厳しめに自身の目標と設定したり、クリアまでの過程をRPGのように冒険心で愉しんだりと、クリアまでに苦労が多ければ多いほど、クリアした時の喜びを強く味わうことができます。どのように仕事と向き合うかは自分次第。仕事を愉しむことで積極的に多岐に渡った仕事に携わり、自身の成長が毎日感じられるよう、努めています。


8. 仕事でのやりがいを教えてください。

自分自身が前田産業ホテルズの商品として誰かの役に立ち、それを実感した時が何よりやりがいを感じる瞬間です。ホテルオペレーションではお客様のため、人事としてはスタッフのために、一つでも多くの笑顔や幸せを創り出すことを使命として日々過ごしています。

ホテルオペレーションでは、チェックインの際に同郷であるお客様と地元話で盛り上がり、今でも「小野さんに会いに来た」と沖縄旅行にいらっしゃるお客様もおり、逆にお客様から幸せを頂く場面も多々あります。ホテル業は「企業」というブランドを纏って自身が「商品」となれる、とても魅力的な業界です。どのような商品になれるか、今後も自身の成長と変化を愉しみながら自分と向き合っていきたいですね。


9. 社会人になる前に、学生のうちのやっていてほしいことは何ですか?

老若男女、様々な方と「お喋り」する経験を是非設けて欲しいです。学生のうちは同級生とのコミュニケーションがほとんどで、なかなか異なる世代の方と話をする機会がないかと思いますが、社会人になれば、先輩や上司はもちろん、一緒に働く同僚やお客様、関連業者様に至るまで、幅広い多くの方々と接する中で仕事をすることになります。言うなれば、接客業ではなくても人とのコミュニケーションスキルは、どの企業に就職しても必要になる能力です。しかし、難しく考えるのではなく、家族・親戚など近しい方々やアルバイト先の方々など、日常の中で程よく関係のある方々と機会を設け、「お喋り」してみる。すると、誰かと話すことにも抵抗もなくなり、更には新しい自分にも出逢えるはずです。そんな「お喋り」を通じて、就職活動を愉しいものに変え、自身の成長に役立てて頂ければと思います。




最後に、就活生へメッセージをお願いします!

皆さんにとって就職活動は、自分の人生を決める大きな分岐点。それは、就職先という「道」の分岐点ではなく、「本気になって行動できるか」できないかの分岐点です。ネットの情報や先輩たちの話を聞いて、希望や不安、様々な想いがあるかと思いますが、選択肢は無限大です。本気で自分と向き合い、自分を信じて行動してみてください。関わる多くの人との出逢いは勿論、新しい自分との出逢いも本気でやった人にしか訪れません。何より自分が後悔しないよう、自分らしく就職活動という時間を楽しんでください。
本気で活動するあなたとの出逢い、楽しみにしています。