facebookにて最新情報配信中!

沖縄の求人 ルーキーWeb

人事担当者からのメッセージ
ANA沖縄空港
照屋 祐馬さん

プロフィール

会社名ANA沖縄空港(株)
部署・役職人事部人事課 アシスタントマネージャー
入社歴14年
名前照屋 祐馬
出身校国際電子ビジネス専門学校
入社~現状までの職歴等2003年 4月 入社 ケータリング部門配属
2013年 9月 企画部企画課
2015年10月 人事部人財戦略チーム
2017年 4月 現職
<人事担当者からのメッセージ>ANA沖縄空港 照屋 祐馬さん

1. 御社はどんな会社ですか?また御社の魅力を教えてください。

ANAを中心に、国内線および国際線の航空機地上支援業務ならびに旅客案内業務を行っております。魅力は何と言っても、沖縄の空の玄関口「那覇空港」でお客様の旅のお手伝いができることです。時には厳しいお言葉を頂戴することもありますが、沖縄らしさを活かしたおもてなしで「ありがとう」と言われた時は何よりもやりがいを感じます。

また、航空機の間近で働けることも大きな魅力で、大型旅客機をターミナルまで誘導する業務は迫力満点で、空港業務の花形の一つです。


2. 新卒を採用するメリットや目的を教えてください。

新卒の皆さんは、とにかく元気で明るいということが最も大きな強みです。

お客様とのコミュニケーションはもちろんのこと、社員同士のコミュニケーションも「質の高い仕事」をするうえでとても重要です。そのコミュニケーションを図る際に新卒の皆さんの謙虚な姿勢と、職場全体を明るくしてくれる底抜けな元気さが、ベテラン社員達に対し「初心を思い出すこと」や「自ら率先してコミュニケーションを図る」ということを意識させることにつながります。この周りへのポジティブな影響力こそが新卒採用をする大きな目的であり、最大のメリットでもあります。


3. 御社が必要とする人物像はありますか?
また、採用したくなる学生の傾向について教えてください。

弊社の掲げる目指す人財像として「環境の変化に対応ができ、自身の意見をしっかりと主張することができる人間力の高い人財」を求めています。空港のお仕事は常に変化があり、その時々で対応する方法が大きく違います。どんな状況に立っても、冷静な対応を心がけることを社員に対して常に求めています。

採用の傾向については、やはり「コミュニケーション力の高さ」です。航空機1便を安全に運航させるためには、社員同志の連携が欠かせません。普段から自ら積極的に元気よく挨拶ができる、わからないことは積極的に聞く。そういった基本的なコミュニケーションが取れる学生を積極的に採用しています。


4. 同業他社との差別化はどのように図っていますか?

弊社にはお客様、そして従業員とその家族に対し「安心と安全、そして最高のサービス」を提供するため、「1名・1個・1便に強くこだわる」という想いを込めた言葉があります。これはお客様、従業員とその家族、お預かりする手荷物・貨物、そして航空機に対し徹底してこだわって仕事をするということです。

これは、弊社の従業員から発信された言葉で、その想いを全社員で共有し、全ての部署に掲示し、毎日唱和をしています。

この想いを常に意識して仕事に取り組んでいることが私たちの強みであり、他社に負けない強いこだわりだと考えています。

また、採用の面においても障がい者や高卒生、中途採用などを積極的に行っていることや、若年層への人財育成に積極的に取り組んだ結果、沖縄県人財育成認証企業として認定されたことも、弊社の強みです。


5. これからの御社の事業展開や展望について教えてください。

今後は、第2滑走路完成や東京オリンピックなどによりますます那覇空港の発展が見込まれる。そのためにも、優秀な人材の確保が最重要課題であるため、県内外への積極採用を展開する。また、すでにプレスリリースしているとおり八重山事業所の設置も予定しており、那覇空港そして、石垣島空港も含めANA沖縄空港らしい温かいサービスに磨きをかけ、お客様を笑顔で迎えます。


6. 照屋さんが仕事で心掛けていることや、大事にしていることは何ですか?

人事という仕事は、採用や教育などで多くの学生や社員と関わります。

そのため、日ごろから一人でも多くの社員に笑顔で挨拶することを心がけ、時間のあるときには他愛のない話などをして積極的にコミュニケーションを図ることを心がけています。

また企業説明会やインターンシップなどでお会いする学生さんたちに対して、仕事のことだけではなく、社会人としての心構えやプライベートの過ごし方など、雑談を通して話すことで、親しみやすさを感じてもらえることを心がけています。


7. 仕事でのやりがいを教えてください。

新入社員に対して教育をする中で、一人でも多くの社員に内容を理解させるということが一番難しいのですが、教育のあとに「わかりやすかったです」というような声掛けをしてもらったときがとても嬉しく、またやりがいを感じます。


8. 社会人になる前に、学生のうちのやっていてほしいことは何ですか?

社会人になるとやりたくてもできない事が増えてきます。旅行や留学、またスポーツや勉強など「学生のうちだからこそとことんできること」がたくさんあると思います。そういったことに躊躇することなく、どんどんチャレンジしてほしいと思います。




最後に、就活生へメッセージをお願いします!

社会人のスタートは、新しい人生のスタートです。
これまで学生の頃に経験してきたことを糧にしつつも「ゼロからのスタート」という謙虚な気持ちと、素直さをもって何事にも積極的に取り組んでください。
仕事は楽しいことばかりではなく、大変なことも数多くあります。自分自身で決めた道に後悔しないよう、1社でも多くの企業を見て、体験して、研究して「この仕事なら困難にぶつかっても乗り越えられる」という強い志を持って就職活動に励んでほしいと思います。