沖縄の新卒生の就活応援 沖縄の新卒求人発信! ルーキーナビ新卒就活

合同企業説明会 参加学生に訊く
人気企業ランキング2018【総合】

2018年新規学卒者 就職志望ランキング調査結果

対象2018年新規学卒者
目的新卒者の志望企業および職業観の把握
調査場所3月10日(金)開催の「ルーキーナビ2018」合同企業説明会で、
学生にアンケートを配布し、回収した。
有効回答数514名

総合 男女別



調査結果の概要について

学生の就職志望総合1位は、男女ともに1位と高い支持を集めた県内流通最大手のサンエーが5年連続で1位となった。

志望の理由上位には、「職場に活気があり、雰囲気が良い」、「若いうちから責任のある仕事を任せてもらえる」、「安定性・将来性がある」が挙がった。


2位~4位には昨年同様、金融・保険・証券を取り扱う沖縄銀行、琉球銀行、沖縄海邦銀行がそれぞれランクイン。

三行ともに、志望理由として「職場に活気があり、雰囲気が良い」、「安定性・将来性がある」、「仕事を通じてスキルアップできる」などが主な理由となった。

5位は電気通信事業の沖縄セルラー電話で志望理由は、「職場に活気があり、雰囲気が良い」「安定性・将来性がある」等に票が集まった。

6位は昨年から順位を2つ上げた損害保険業の大同火災海上保険で志望理由は「職場に活気があり雰囲気が良い」「安定性・将来性がある」等となった。

7位は医療機器・医療消耗品等を取り扱う専門商社の琉球光和となった。

8位は昨年の40位から大幅に順位を上げた航空・運輸・流通業のANA沖縄空港が入った。

昨年度の4月にエアー沖縄とグランドシステム沖縄を統合し、今回順位を大きく上げた。

9位の沖縄ワタベウェディングは、男女別のランキングで沖縄銀行同様に女性の2位で高い支持を得た。志望理由として「職場に活気があり、雰囲気が良い」に票が集まった。

10位のイオン琉球は、志望理由として「仕事を通じてスキルアップできる」「安定性・将来性がある」等が挙がった。

ランキング上位で学生が企業を選択する理由として、「職場に活気があり、雰囲気が良い」、「安定性・将来性がある」、「企業のイメージが良い」「若いうちから責任のある仕事を任せてもらえる」「仕事を通じてスキルアップできる」等が上位に挙がった。

アンケートに回答してくれた学生の声から、合同企業説明会で人事担当者や若手社員と会話することで、職場の雰囲気や活気を感じ取り、「働きやすさ」「スキルアップができる環境」を重視する傾向が伺えます。


■今年度は昨年同様6月選考開始となっており、2018卒は解禁後、短期間で内定出しとなる。
 今年度、売り手市場が続き、6月以前に選考する企業も増えてくると予想されます。

■今年の学生の動きが全体的に緩やか?

各企業の人事様の声として「今年の学生は動き出しが少し遅い気がします。」等といった声を多く頂きます。
理由として考えられるのが、売り手市場がここ数年続いており、去年・一昨年と就職内定の高い状況での先輩方の就職活動を見ている学生たちが丁度、就職活動をし始めており、就職に対して楽観視している学生が増えていると推測されます。


■売り手市場だからこその「落とし穴」

企業の昨年同様採用意欲はとても高い状況ですが、学生が「売り手市場」と楽観視するのは危険です。
受け皿が増加しているとはいえ、企業側は採用基準を低くするわけではなく「厳選採用」のスタンスは変わりません。


■仕事選びの軸を明確にすることが大事

6月以前に選考・内定を行う企業も多いことが予想されますので、急な選考に対応できるように、日頃から筆記試験対策やエントリーシート、面接で質問されることを学校の就職課でアドバイスを早めにもらい、自分なりにまとめて準備をしていく必要があります。


早い段階から自己分析や業界研究などをして、自分の仕事選びの軸を明確にして動くことが大事です。
じっくり考える前に、「まずは動く!」ことが大事です。
この就職活動を機に、もしかしたら定年まで勤める会社を選ぶ可能性もあるので、しっかり後悔のない就職活動に取り組んでほしいです。