プロフィールProfile

医薬品業界では日本随一を誇るアルフレッサホールディングスのグループ会社で、
医療用医薬品の卸売業をメインとしております。

 

県民の健康づくりのため誠意をもって顧客に奉仕する

沖縄県の地域医療を取り巻く環境は、超高齢化社会の進展に伴う医療費負担の適正化問題や離島医療の抱える格差などに加え、近年では都道府県別平均寿命の低迷など、益々混迷の度合いを増しております。私たちは確固たる理念のもと、これからも医薬品の安定供給を通じて地域医療に貢献し、必要とする時に、必要な量を、必要な場所へお届けするという社会的使命を果たすとともに、さらなる顧客満足度の向上と事業の効率化を推進し、企業価値の向上に向けて邁進して参ります。

2015年完成、本社・物流センター

新センターの特徴をお伝えします。【1】物流機能の高度化:出荷仕分ソーターや垂直搬送機などの導入により、入出荷および品揃え管理の一層の正確性と効率の向上を実現いたします。また、これに加え保冷庫スペースの拡張などにより温度管理を含めた物流機能の高度化をはかります。【2】ローコストオペレーションの実現:物流業務の効率化による生産性の向上や、LED照明の採用および氷蓄熱空調設備などのエコ対応設備の導入により、地球環境に配慮した効率的でスムーズな運用を実現いたします。【3】安心・安全な供給体制:耐震構造による地震対策や自家発電装置を用いた停電時対策などを導入し、災害時にも安定供給できる体制を整えています。


事業内容Business

医療用医薬品、医療機器、医療用検査試薬等の卸売販売

医療の現場に医薬品をお届けする事が、社会から託された私たちの使命です▼

私ども琉薬は医薬品、検査試薬、医療機器などの卸事業を行う会社です。主に病院や診療所、薬局へ医薬品や医療機器などを届けています。また、私どもお薬を販売するだけに終わりません。医薬品卸売業の営業職である「MS」とは「マーケティング・スペシャリスト」の略ですが、MSは医薬品の販売以外に、医薬品や医療に関する情報の提供、勉強会の提案や実施、店舗における棚割りの提案、病院・薬局の開業コンサルティングなど 多岐に渡り医療機関へのサポートを行なっております。


会社データData

設立

昭和26年(1951年)2月2日

代表者

代表取締役社長 稲嶺 侃

資本金

44,225千円

売上高

252億円(2017年3月期)

従業員数

198名(2017年3月31日現在)

平均年齢

43歳

web


沿革データHistory

昭和26年2月 琉球薬品株式会社設立
昭和43年10月 琉薬販売株式会社設立
昭和47年5月 琉球薬品と琉薬販売が合併 琉薬に商号変更
昭和55年1月 現在の浦添市牧港に本社移転
平成2年4月 宮古営業所を開設
平成19年10月 アルフレッサホールディングスと経営統合
平成24年10月 琉薬のヘルスケア事業部をアルフレッサヘルスケア株式会社へ事業譲渡
平成25年5月 子育てサポート企業認定「くるみん」の取得
平成27年3月 本社所在地に新社屋・物流センター落成
平成28年2月 創立65周年を迎える
平成29年2月 沖縄県ワーク・ライフ・バランス企業認証取得