プロフィールProfile

当社は「第二の我が家として選ばれるNO.1ホテルになる」
というビジョンを掲げ「"ちむぐくる"でおもてなし」をキャッチフレーズにスタッフ皆で最高級ではなく、ぬくもりをもって最も愛されるホテルを目指しています。


事業内容Business

前田産業ホテルズは沖縄県本島北部でホテル業・観光業を営んでいます。名護市に1ホテル、本部町に2ホテル本部町に2ホテル経営・運営し、県内外から観光やレジャー、ビジネスで訪れる多くのお客様にご利用頂いています。 各種宴会場施設も完備しているので、結婚披露宴から会議研修まで様々なシーンで地元のお客様からも厚い支持を頂いています。2019年1月には、新規ホテル「アラマハイナコンドホテル」を開業予定です。地元企業として地域に根差した経営のもと、新たしい価値を創造し、観光客のみならず、沖縄県民の皆様にも愛され、選ばれるホテルであり続けたいと考えています。


会社データData

設立

1986年3月25日

代表者

代表取締役社長 前田 裕子(まえだ ひろこ)

資本金

1億円

売上高

※1/11更新
29億7千200万円

従業員数

※1/11更新
248名

平均年齢

38.5歳

web


沿革データHistory

1986年 3月 前田産業設立
1989年 9月 ホテルゆがふいんおきなわ 開業
1993年 5月 ホテルゆがふいんBISE 開業
2000年 8月 ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ 開業
2003年 4月 やんばる海の駅 開業
2005年 4月 名護市より「いこいの村」運営受託
2006年 4月 ホテルタニューへ名称変更
2009年 3月 ゆがふいんおきなわに新館「東(あがり)館」オープン
2011年 12月 契約満了を以ってホテルタニューの営業を終了
2014年 9月 ホテルゆがふいんおきなわ県内初「ムスリム・フレンドリーホテル」に認証
2015年 3月 沖縄県よりワークライフバランス企業として認定
2017年 6月 ホテルゆがふいんおきなわ「人にやさしい地域の宿づくり賞」で「努力賞」を受賞
2017年 12月 経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定
2018年 12月 新規商業施設「オキナワハナサキマルシェ」開業予定
2019年 1月 新規ホテル「アラマハイナコンドホテル」開業予定

当社の強み

我々の強みは人材です。全てのスタッフが「第二の我が家として選ばれる№1ホテルになる」という共通のビジョンに向けて、方向性をあわせる為に「ちむぐくれどカード」を活用しています。(ちむぐくれどカードにはビジョンをはじめ、その実現の為の行動指針として30項目のアクションズが書かれています)

このカードを通じて日々方向性を確認し合う事で、スタッフ一人一人が「"ちむぐくる"でおもてなし」を実行しています。

■□ facebook 前田産業ホテルズ新卒採用ページ 公開中! □■

Facebook前田産業ホテルズ新卒採用ページを公開しています。
新卒採用に関係する活動や情報はもちろん、観光関連新聞記事の紹介など、就職活動にも役立つ情報を随時発信していきます。

facebook 前田産業ホテルズ新卒採用ページ
https://www.facebook.com/maedasangyohotels.saiyo