プロフィールProfile

私たちは衣料・雑貨の輸入販売業として、県内においてデポアイランド、アメリカンデポ、ソーホー、アメリカンスペースハンビー店等の店舗を展開しているのをはじめ、Depot ABC館(ビル)で15店舗、デポアイランドビルで約50店舗のテナント管理を行っています。また、関連会社により、アイランドテラス(レストラン)、デポズガーデン(レストラン)等も展開しています。


事業内容Business

・衣類・雑貨の輸入販売
・american depot、SOHO、Depot Island、american space(ハンビー店)の管理・運営
・Depot ABC館(ビル)において15店舗のテナント管理
・Depot Island(モール)50店舗のテナント管理


会社データData

設立

1987年3月12日

代表者

奥原 輝夫

資本金

5,215万円

売上高

75,093万円

従業員数

46名

平均年齢

27歳

web


事業内容

アメリカンビレッジの海岸沿いに新しい街を創出する『ウォーターフロントプロジェクト』の第一期開発として、2010年7月にデポアイランドがグランドオープンしました。現在も第二期開発が進行中で、2017年の春、海側に新たな仲間(ホテル、ショッピング施設等)が加わる予定です。
「自分らしいライフスタイルが見つかる街づくり」をコンセプトに、アメリカンビレッジはさらなる進化を遂げています。

弊社は直営のインポートを中心とした衣料品販売やカフェを展開し、テナントとしてライブハウスやギャラリー、雑貨など、エンターテイメント性を持たせたショップが集まるリゾートタウンです。これまでの物販ビジネスの集積とは違い「感性産業」の集積を目指し、沖縄の環境を活かし、若い人がチャレンンジできるような場所になれば...と考えています。

このようにアメリカンビレッジから沖縄を元気にし、日本中へ、また世界へ発信できる街づくりを目指している弊社では、夢を大きく、自分の可能性に挑戦していきたいという方を求めています。