トップの声

代表取締役社長
坊池 学

私たちイオン琉球株式会社は、基本理念である「お客さまを原点に、平和を追及し、人間を尊重し、地域社会に貢献する企業」として、また「沖縄県に根差したグローカル企業」として、地域のお客さまの豊かな暮らしの実現を目指し、変化と挑戦を続ける企業です。又、CSRの取り組みとして環境保全・社会貢献活動も積極的に取り組んでおります。

昨年、2015年は創業から40周年を迎えることが出来ました。これも地域のお客さま、お取引先さま、従業員の支えがあったからこそだと思っております。これからも常に新しい取り組みに積極的にチャレンジするとともに、イオンのグローバルな力とイオン琉球のローカルの良さを併せ持つ「グローカル企業」として、「沖縄県民の生活の豊かさに貢献する」という使命のもと「この店いいね」と言われるお店づくりに邁進致します。

私たちの理念と使命に共感し、変化と挑戦に果敢にチャレンジ出来る人材を、私たちイオン琉球株式会社は求めています。

人事の声

津波 徳代

学生の皆さん、就職活動は大変かもしれません。しかし、今しか出来ない事も事実です。その中で楽しみを見つけて、沢山の企業に訪問・説明を聞き、自分に一番あった企業を見つけ出してください。今しか出来ない事に全力で取り組んで、悔いの残らない就職活動にして下さい。

皆さんとの素敵な出会いを、楽しみにしております。

社員の声

宮平 留弥

佐藤 諒子

宮平 留弥

部署:ザ・ビッグエクスプレス小禄店
出身校: 沖縄国際大学         
学部:産業情報学部
コメント:
私は就職活動の際、仕事を行うならやはり地元である沖縄に貢献できる企業に就きたいと言う想いがありました。その中で、イオン琉球の「グローカル企業」であるという言葉に興味を持ちました。グローカルとはグローバルとローカル両方を備えている意味で、地域に根ざし地域に貢献する「ローカル性」とイオンという大きなグループ企業がもつ「グローバル力」を持つのがイオン琉球という企業であると説明を受け、私はこの会社ならば沖縄に貢献することが出きると思い、入社したいと思いました。

佐藤 諒子

部署:H&BC商品部
出身校: 沖縄国際大学            
学部:経済学部
コメント:
学生の時にマックスバリュ店舗でのアルバイトを経験し、小売業に興味を持ち、いくつかの企業の説明会を受ける中で、食品・衣料品・住居余暇というラインがあり、さまざまな職種に携わることのできるイオン琉球に決めました。また、イオン琉球では自分の頑張り次第でキャリアアップができる制度があり、女性が働く職場としてもとても魅力的だと感じました。